言語変更
  1. 中文站
  2. English
大麦日本語
エリアで探す
ご予約 お問い合わせ
+86-10-10103721
    中国国内から
    400-610-3721
ホームページ > 大麦網について
チケットを購入
webサイトからご注文
電話からご注文
大麦店頭住所
注意事項
アカウントサービス
サインイン又は新規登録
パスワードをお忘れですか?
注文履歴をレビュー
SSLセキュリティサーティフィケート
お支払い&配送&返品・交換
お支払い方法
お届け方法
返品・交換制度
会社ポリシー
ターム&コンディション
パーチェス ポリシー
プライバシー規約
会社概要
大麦網について
ビジネスカバレッジ
連絡先

紅馬マスコミ

 大麦網は北京紅馬マスコミ文化発展有限会社に所属し、中国語圏の有名なエンタ-ティメント・ネット企画ブランドであり、娯楽・スポーツ・観光・インターネット・ソフトウェア開発など5つの文化とアイディア産業分野にまたがって業務を多元に広めています。中国でのLIVE製品の統合・販売を取り扱ってしかも洗練された技術でサポートされる一体化したプラットフォームを立つ、エンターティメント スポーツ製品の構想革新・機能展開のために急速に実現させる無限な可能性を作っています。10年経って、紅馬マスコミは北京、上海、広州、南京、成都、重慶、杭州、深セン、昆明、天津での直販を成り立てて中国華北、華東、華南、西南地域をカバーする一方、中国の30数の都市で主催した娯楽やスポーツ関係の大規模なイベントにチケットシステムとマーケティング管理チームを提供しました。

栄誉と表彰について

 

  • 紅馬マスコミは中国電子商取引協会に「中国インターネット電子商取引のチケット業界先導業者」に評価されました。

  • 紅馬マスコミは2013年フォーブス中国語ランキングの「中国非上場会社で潜在力のある会社トップ100に第7位」を獲得しました。

  • 2013-07-09にて北京紅馬マスコミ文化発展会社はデロイトアジア科学技術先導企業トップ500社に選ばれました。

  • 2013-01-14にて大麦網は「創業邦2012年度中国イノベーション・成長企業トップ100に選ばれました。

  • 2012-12-06にて大麦網は2012年中国芸能機構競争力第五位を獲得しました。

  • 2010年最優秀端末のチケットアプリプラットフォーム賞を受賞しました。

 
 紅馬マスコミに所属
 


 大麦網(www.damai.cn)

 大麦網(www.damai.cn)は「中国票務在線」の洗練されたチケット販売および取扱い技術を元にして成立したもので、業界に有名なインターネット娯楽コミュニティと電子商取引を一体化したプラットフォームです。大麦網は「中国票務在線」の中国語圏でのLive製品販売とチケット取扱い技術分野での伝統を継承し発展していくとともに、チケット販売を主に運営した市場化ホットブランド項目の割合も、全国の同業者の中で先頭を切る。また、大麦網は、ネットユーザーの娯楽上の消費需要を産業チェーン上流の番組供給者の市場開拓活動と効果的に取り合うことにも力を入れて、自社の市場優位を生かして、上流市場と優勢相互補完をやり遂げることによって、市場伸びをすすんで加速させ駆動します。それとともに、エンターティメント消費者のコア層を集中して、最終的に情報発見とルート販売を互いに促進し合うプラットフォームを成り立てます。




「中国票務在線」 (www.piao.com.cn)

 は大麦網の前身ですが、一つに統合運営されました。
 1999年に創立されてから、今はすでに中国のエンタ-ティメント・スポーツ関係チケット市場で成長し続けた著名なブランドとなり、「ネットユーザーが推薦する中国のトップ10ショッピングサイト」(他に卓越<アマゾン>、当当など)に評価されます。PIAO.COM.CNが業界での先頭位置と急速な発展を目にした次第に、レノボが投資して来て株主となりました。会社全体としてプロの素養と、アーティスティック訴求と、ブランド意識および誠実文化は、娯楽スポーツ映画業でも、お客様のところでも、高い評価を受けたし尊重されています。技術や販売ではよい口コミと市場影響力を持っております。全国に及ぶプラットフォーム能力はPIAO.COM.CN というブランドの強さを示してくれます。



「紅馬科技」―MATIX券売システム、自主的知的財産権よりの発券技術プラットフォーム

 自主的知的財産権よりのMAITIX電子券売システムは、マルチ端末で、マルチルートで、地域ネットワークと各分野間のドッキングをなした拡張性の高いオンライン券売システムであり、第9回国際ソフトウェア博覧会革新賞を受賞しました。

サイトでの座席選択、Print at home、銀行端末発券、スマートフォン発券、RFID技術などを一体に統合されて、オンラインもオフラインも自主的知的財産権よりの券売技術を全面的に実現した。